Event is FINISHED

区民と行政のためのオープンデータ活用 第3回 オープンデータの可視化とその手段

Description

区民と行政のためのオープンデータ活用

第3回 オープンデータの可視化とその手段

データを可視化することの意義と得られる気づきとは?


※パソコンを持参可能な方はお持ちください。

日程:1月24日 18:30から20:40まで

第一回ではオープンデータのこれまでと現在、第二回ではオープンデータのフォーマットについて事例を挙げて紹介をしてきました。

第三回のテーマは「可視化」です。現在、中野区では区の保有するデータを公開し、地域課題をエビデンスに基づいて解決をしようという動きがあります。その際に区民に対してデータをそのまま示したのでは、データの持つ現象や事物をわかりやすく伝えることはできません。「可視化」具体的な方法を知り、その意義と可視化を通じてどのような気づきが得られるのかを学びます。


対象:自治体職員、中野区オープンデータの取り組みに興味のある方
内容:聴講形式で登壇者にオープンデータの可視化の実際の利用事例を挙げて紹介をして頂く。

席数:30人
募集形式:Facebook、Peatix
参加費:無料(懇親会別 3,000円程度)

タイムスケジュール
18:30 – 18:35 会場説明と挨拶
18:40 – 19:20 矢崎さん登壇
19:25 – 20:05 関さん登壇
20:10 – 20:20 質疑応答
20:20 – 20:30 COG報告
20:30 – 20:40 名刺交換

矢崎 裕一 氏
「可視化からはじめるデータ活用」
Code for Tokyo 代表
Data Visualization Japan Founder
多摩美術大学 非常勤講師

関 治之 氏
「データ活用と共創」
Code for Japan代表理事
株式会社HackCamp 代表取締役
Georepublic Japan代表取締役
Thu Jan 24, 2019
6:30 PM - 8:40 PM JST
Add to Calendar
Venue
Tickets
無料チケット FULL
Venue Address
中野区中野4丁目10−1 1F NAKANO CENTRAL PARK EAST Japan
Organizer
Code for 中野
35 Followers
Attendees
15